原付2種の4stエンジン 80ccモンキーと純正ジェベル125  スーパーカブC50 FI(AA01)

街乗り仕様モンキーとジェベル125&スーパーカブ50

モンキーガレージ(カスタム&整備)

ボアアップキットがやって来た!

更新日:

【今回の教訓】

ボアアップキットの中身は早とちりすることなく十二分に確認しましょう。

ボアアップキット到着

さてさて、そんなこんなでモンキー本舗さんからボアアップキットが到着しました。ボアアップきっとの中身を確認してみると、シリンダー、ガスケット、取付説明書・・・
んん?ピ、ピストンとピストンリングがないじゃないですか!
「ありゃ、イキナリ返品ですか?あんなに良心的だったのにどうなってるんだろう。」と思いながら、ふとシリンダーの中を眺めてみてると、おおぉ、ピストンがリング組まれてシリンダーの中に入ってました!

やっぱモンキー本舗さんは良心的でした。
実はボアアップキット内のピストンにピストンリングやらオイルリングやらをはめる際にリングを曲げてしまったらどうしよう、と心配していたんですが、そんな心配は不用でした。

早速、ピストン見てみようと思ってシリンダーの中から押し出そうとすると、ズズッっと、ちょっと動かしにくい。
「おわっ、このままいったらシリンダーとピストンに傷がついてしまう。これはマズイ!」ということで、キット組み込み用に買っておいたエンジンオイルを取りに走ります。

ピストンとご対面

ピストンが入ったシリンダーを大きめのジップロックの中に入れ、ジップロックの中にエンジンオイルをドボドボと注いだ後、ジップロックの栓を閉めてカラ揚げ粉を肉にまぶすがごとく、オイルを全体に万遍なくいき渡らせます。

シリンダー内に、十分にオイルがいきわたったところで、おもむろにシリンダーを取り出しピストンをゆっくりと押し出すが、それでも結構ズリズリいう感じはあるものの、これ以上の対処法は素人には分からんのでそのままピストンを完全にシリンダーから押し出し、ご対面。

ん?赤い液体?

さすが新品、全てがキラキラとしています。シリンダー内部も見てみましたたが、心配していた傷もなく問題ありません。

「ふ~ん、これがボアアップシリンダーとピストンですか、それでもってピストンリングも装着済み」と・・上から下からシゲシゲとオイルまみれのパーツを眺めていたら、んんっ?

なんじゃこの赤い液体は?眺めるパーツのあちらこちらにオイルとは別の赤い液体が付いているではないですか。

-モンキーガレージ(カスタム&整備)

Copyright© 街乗り仕様モンキーとジェベル125&スーパーカブ50 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.